仕事のスタイルが多種多様になっている昨今では、短期の仕事をする人もふえています。長期的な居住の見通しがついていない人や、今すぐ使えるお金が欲しいという人など、短期で働く人はその人なりの事情があります。すぐにてもお金を稼ぐ必要があったり、知人や家族にお金を支払う必要ができたりということもあるでしょう。まとまった資金があれば、冠婚葬祭や、旅行等のイベントがあっても、対処することができます。すぐにでもお金がいるけれど、期日まで時間がないという状況では、身動きがとれなくなります。まとまったお金があれば選択肢も増えるのですが、期待どおりにならないこともあります。短期の仕事を受けることで、思いがけない出来事にも対処可能なこともあります。短期の仕事は、一週間、一カ月で行う仕事もあれば、一日ごとに精算されるような仕事もあります。近年では、多くの人がインターネットを利用するようになったために、ネットを利用して短期の仕事を探したり、募集したりといったことが容易です。短期の仕事でも、深夜労働や、力仕事などのハードな仕事を選ぶことで、時間単価のいい仕事を探すことはそれほど難しくありません。ハードな仕事でも、短期間の労働で終わるという前提なら、気力を振り絞ってやり遂げようと思えます。短期間の仕事は、仕事をしたその日のうちに精算されて給料を支払ってもらえるなど、支払いが早いことも利点といえます。